ホーム > 会員生協紹介
広島県連プロフィール
会員生協紹介
会員生協の活動
お知らせ・ご案内
リンク集
会報「広島のせいきょう」
家計簿通信
くらしの安心サイト
広島市「平和宣言」
2012年国際協同組合年
東日本大震災復興支援 つながろうCO・OPアクション
Acrobat Readerプラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。↓
 
会員生協紹介
広島県住宅生活協同組合
■所在地 〒732-0817 広島市南区比治山町2-5  TEL 082-262-4311
■代表者名 理事長 小川 正継
■組合員数 6,377人
■事業高 2,388,089千円
■出資金 62,630円
■設立登記年月 1961年9月
■活動エリア 広島県内全域
■役員数 (常勤理事)2人、(非常勤理事)5人、 (非常勤監事)2人
■職員数 (正規)3人
■HPアドレス http://www.hjc.or.jp/index.html
※組合員数、出資金、事業高は2009年3月31日現在

 100年に1度と言われる経済不況のなか、広島県住宅生協は2009年度 第49期経営計画を立て、それを達成するために重点取り組み課題を下記のとおり定めました。これらの課題をやりとげ現在の難局を乗り越えていきます。

〔重点取り組み課題〕

  法令遵守 生協法の趣旨に基づき、関係法令を順守、徹底するとともに、住宅生協の理念と効率性の両立を着実に推進します。
第49期計画の着実な推進 生協のブランド力・信用力を有効活用してグループ企業や他企業との共同事業を更に推進します。
1. 住宅生協グループ事業の強化
(1) グループ企業の強化と共同事業の推進
(2) 商品力・ブランド力の強化
(3) リフォーム・仲介事業の強化
(4) マンション管理業の強化・拡大
2. 経営体質の強化・改善
(1) 財務体質の確立と経営基盤の強化
(2) 業務の効率化と経費削減
(3) 在庫圧縮及び有利子負債の削減
(4) 資金調達の強化
(5) 自己責任・自己決定の協同組合への改革
3. 推進体制の強化
(1) 全国住宅生活協同組合連合会や他県住宅生協及び広島県生活協同組合連合会との連携強化
(2) 組織体制の整備による責任体制の明確化
(3) 経営業務管理責任者や人材の育成

戻る
 
  〒730-0802 広島市中区本川町二丁目6番11号 第7ウエノヤビル5階 TEL.082-532-1300 FAX.082-232-8100