ホーム > 広島県連の活動
広島県連プロフィール
広島県連の活動
会員生協紹介
会員生協の活動
お知らせ・ご案内
リンク集
会報「広島のせいきょう」
家計簿通信
くらしの安心サイト
広島市「平和宣言」
2012年国際協同組合年
東日本大震災復興支援 つながろうCO・OPアクション
Acrobat Readerプラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。↓
 
広島県連の活動

5月23日開催『2014「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い』の記者会見を行いました。

日   時:
2014年5月20日(火)11時〜11時30分
場   所:
広島市市政記者クラブ 記者会見室
出席者:
<主催者:2014「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い実行委員会より>
所  属 名  前
広島県原爆被害者団体協議会 理事長 坪井 直
(公財)広島YMCA 事業支援室 中奥 岳生
広島県生活協同組合連合会 会長理事 岡村 信秀
広島県生活協同組合連合会 専務理事 高田 公喜

<マスコミ>

中国新聞
朝日新聞
読売新聞
共同通信社
テレビ新広島
広島ホームテレビ
平和の国際写真家通信
内   容:

 『2014「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い』の記者会見を広島市市政記者クラブにて、主催者側から4名、マスコミ各社7名が出席し行いました。

 会見では、先日開催されたNPDI外相会合、NPT再検討会議準備委員会の見解含め、質問が多数寄せられ、会見後も各社より問い合わせがある等、各社、興味深く記者会見に参加されていました。

 広島県生協連岡村会長、高田専務より、市民レベルでの取り組みが、大きなうねりをおこし、戦争も核兵器もない平和な世界につながること、被爆者の皆さんをサポートして、核兵器廃絶に向けて、今後も一緒に取り組んでいくこと等を説明し、広島県被団協坪井理事長からは、生協への今までの感謝と今後の期待を述べられました。

 『2014「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い』は5月23日に開催します。

 今年で4回目となる今回の特徴は以下の通りです。

  • 初めて、全国の市民(主に生協役職員)が集う。規模は、1.5倍の150名規模に拡大
  • 2015年春にアメリカ・ニューヨークの国連本部で開催されるNPT再検討会議に向けて被爆者を支援する募金に取り組む
  • 被爆体験の継承を
  • パネル展示
記者会見の様子 説明する岡村代表

【実施要項】

2014「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い(略称:核兵器廃絶・市民の集い)

1.日時:
2014年5月23日(金) 10:00〜12:40
2.会場:
広島市まちづくり市民交流プラザ(広島市中区袋町6-36)
3.主催:
「戦争も核兵器もない平和な世界を」市民の集い 実行委員会

【実行委員会構成 市民6団体】

団体名 代表者名
広島県原爆被害者団体協議会 理事長 坪井 直
広島県原爆被害者団体協議会 理事長 金子 一士
広島県地域女性団体連絡協議会
会   長 仲島 武子
(公財)広島YMCA 総   事 上久保昭二
広島県青年連合会 会   長 新矢 睦巳
広島県生活協同組合連合会 会長理事 岡村 信秀
4.後援:
広島県、広島市、平和首長会議、(公財)広島平和文化センター
5.参加規模:
約150人(構成団体会員、県内自治体職員、全国生協役職員)
6.プログラム:
 
9:30 開場・受付

9:45〜9:55ウェルカム・コンサート

(生協ひろしま虹のコーラス)

10:00 開会  
10:03〜10:15 式典

主催者挨拶(岡村信秀 市民の集い実行委員会代表)

来賓挨拶(村上仰志 広島県地域政策局国際部長)

※知事代理

(和田寿昭 日本生活協同組合連合会専務理事)

行政からのご出席者紹介

10:15〜10:40
情勢報告1 2015年NPT再検討会議に向けて
(湯浅敏郎 広島平和文化センター常務理事)
情勢報告2 「国際平和拠点ひろしま構想」について
(中島充人 広島県地域政策局平和推進プロジェクトチーム担当課長)
10:40〜10:50 活動報告 実行委員会活動報告
  休憩 (パネル展示見学を含む)
11:15〜12:25

被爆の証言

(分散会)

被爆者の皆さんの被爆証言をグループに分かれて聴講し、その後、感想を出し合い、交流を行う。
  休憩  
12:30〜12:35 アピール採択 市民6団体アピールの採択
12:35〜12:40 閉会挨拶 広島YMCA
 
戻る
 
  〒730-0802 広島市中区本川町二丁目6番11号 第7ウエノヤビル5階 TEL.082-532-1300 FAX.082-232-8100