ホーム > 広島県連の活動
広島県連プロフィール
広島県連の活動
会員生協紹介
会員生協の活動
お知らせ・ご案内
リンク集
会報「広島のせいきょう」
家計簿通信
くらしの安心サイト
広島市「平和宣言」
2012年国際協同組合年
東日本大震災復興支援 つながろうCO・OPアクション
Acrobat Readerプラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。↓
 
広島県連の活動

2010ピースアクション in ヒロシマ開催

 日本生協連合会と広島県生協連合会主催で、全国の平和の活動と願いを持って全国の組合員が広島に集う「ピースアクションinヒロシマ」ですが、「継承と創造〜ヒロシマから平和な未来を築こう!〜」をテーマに、8月4日〜6日まで開催し、3日間でのべ約1,900人が参加しました。


プログラム

【虹のステージ】

  • オープニング フリーダムによる歌と演奏
  • 主催者挨拶(日本生協連専務理事 芳賀唯史)
  • 広島市長ご挨拶(秋葉忠利広島市長)
  • NPT再検討会議代表団報告
  • 被爆の証言(竹本成コさん)

【みんなのひろば】

【フィナーレ】

  • 合唱

8月5日 ヒロシマ虹のひろば

会場:広島県立総合体育館 グリーンアリーナ

 虹のひろばには全国の生協の組合員1,000人が参加しました。
 「虹のステージ」では、主催者挨拶の後、秋葉忠利広島市長からNPT再検討会議後の活動について熱いメッセージをいただきました。次にNPT再検討会議代表団として参加したみなさんが壇上に上がり、代表団副団長の橋野俊子さん(生協ひろしま理事)がニューヨークの活動について報告をしました。
 被爆の証言では元日本生協連会長、元コープこうべ理事長の竹本成コさんから「さいごのトマト ヒロシマをわたし自身の「ことば」で」と題してお話いただきました。涙ながらに証言を聞かれた方も多く、心にしみるお話でした。
 「みんなのひろば」では、各地の生協や広島の平和団体の出展ブースや各コーナーで交流しました。「核兵器廃絶コーナー」では、オリジナルの紙芝居の上演やクイズを行い、署名の訴えをしました。また、木片に平和の思いを描くコーナーなど、どのコーナーも盛況でした。
 最後のフィナーレは「虹の合唱団」です。幅広い年齢層が参加する合唱団とともに会場全員の合唱で「虹のひろば」を締めくくりました。

◆オープニング
爽やかで力強い歌声に引き込まれます。
◆被爆の証言【竹本成コさん】
高齢にもかかわらず力強い心にしみる証言でした。
◆秋葉広島市長挨拶
2020年に核廃絶する決意を述べられました。
◆NPT代表団報告
核廃絶への活動の想いを共有しました。
◆工作コーナー
みんな真剣に木片に絵を描いています。
◆紙芝居・クイズ
広島弁の紙芝居が今年も好評
◆子どもの平和の絵
優秀作品に投票
◆フィナーレ 虹の合唱団
子どもたちも一生懸命歌いました。
◆ブース 県内生協のみなさんが出展されたブースはどこも大賑わいでした。

分科会 8月4・5・6日

 碑めぐり、被爆の証言、ユニセフ・ワークショップ、サダコと折り鶴の話、NPT再検討会議後の活動を考える分科会など16の多彩な企画で、のべ910人が平和について学びあいました。

◆被爆の証言 平和の大切さを実感し、被爆者の思い継承を約す場となりました。
◆碑めぐり 碑めぐりガイドの方の説明を真剣に聞き入る参加者
◆サダコと折り鶴の話 会場いっぱいの参加者
◆ユニセフ・ワークショップ

参加者のみなさんの感想

参加者のみなさんから多くの感想を寄せていただきました。その一部を紹介いたします。

【「虹のひろば」アンケート】
  • 陽射しの暑さに負けないほどの「平和に対する思い」の熱気に圧倒されました。願いは一つ、その活動を生協の出展コーナーで感じることができました。肌で感じる「大事なこと」を帰ってから、多くの方々に伝えていきたいと思います。本当にありがとう、感謝です!
  • 初めての参加でした。きっかけは職員さんに誘われてでしたが、そこから自分の心の中に「行きたい」という思いが、大きくなって広島に来ました。いろんなことを知りたくて、たくさんのことを感じ、参加して本当によかったと思っています。私に何ができるか、何もできませんが、行ったことを伝えたいと思います。
  • 私はヒロシマ・ナガサキの原爆を経験したことがないけど、そのつらさ、痛みがとても心に感じられた。私は将来、キャビンアテンダンドを目指しています。なので、被爆者がいるうちに原爆のことをたくさん知って、外国人や自分の子どもなどに、原爆のつらさ、痛みを知ってほしい。決して忘れてほしくない。参加してよかった。
  • 今日の午前中の分科会や虹のひろばも、全国の生協からいろんな人々が来ているのに、核兵器をなくしたい、核の恐ろしさを子どもたちに伝えたいという同じ思いを持っているからか、初めて会ったという気がせず、仲間なんだなという感じがしました。
【「被爆の証言」アンケート】
  • 初めて被爆者の人から生で話を聞き、本当に原爆・戦争は恐ろしいことだと思いました。一番話を聞いて驚いたことは、原爆が落とされた8月6日から2ヶ月くらい経った10月2日でも、道端に黒焦げの人たちがいたということです。それだけ原爆がすごかったというのがわかりました。今日の話を聞いて、戦争は絶対にしてはいけない!この話はもっといろんな人に伝えなければいけないと思いました。(女・10歳代)
  • 今日改めて戦争や核についてのお話を聞き、自分がどれだけ無知であったのかを思い知らされました。私には戦争は、教科書や歴史上の出来事でしかなく、実感することはできませんが、やはり実際に体験された方のお話は、迫力が違いました。今自分が何不自由なく生活していることが、とても幸せに感じられました。今回こういった機会を与えていただいたことは、本当によかったと思います。ありがとうございました。(女・20歳代)

 

戻る
 
  〒730-0802 広島市中区本川町二丁目6番11号 第7ウエノヤビル5階 TEL.082-532-1300 FAX.082-232-8100