ホーム > 広島県連の活動
広島県連プロフィール
広島県連の活動
会員生協紹介
会員生協の活動
お知らせ・ご案内
リンク集
会報「広島のせいきょう」
家計簿通信
くらしの安心サイト
広島市「平和宣言」
2012年国際協同組合年
東日本大震災復興支援 つながろうCO・OPアクション
Acrobat Readerプラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。↓
 
広島県連の活動
核のない平和な世界を実現するために わたしたちの声を国連に届けましょう! 毎月20 日は“2020署名の日”− CANT(都市を攻撃目標にするな)プロジェクト署名にご協力を −

 オバマ大統領が「核兵器を使用した唯一の核兵器国として、アメリカには行動する道義的責任がある」という演説をし、アメリカ大統領としてはじめて原爆を落とした責任を認め、核兵器をなくすために核軍縮に取り組みはじめました。この5月にニューヨークで開催されたNPT 再検討会議準備委員会においても、核軍縮をすすめ、さらに核兵器廃絶への道筋を明確にするために、来年のNPT 再検討会議を成功させようと各国が積極的に動いています。

 平和市長会議は2020 ビジョンにおいて、2020 年には核兵器をなくすというビジョンを示しました。平和市長会議には広島県の全市町が加盟し、全世界で2,926 都市(2009/6/1 現在)が加盟するまでの大きな組織になりました。

 平和市長会議は市民の核兵器廃絶の声を寄せてもらうため、CANT(都市を攻撃目標にするな)プロジェクト署名を呼びかけました。私たちはそれに賛同し、市民自らがこの署名活動を通じ、核保有国へ、そして世界の国々へ、核兵器廃絶の思いを訴えたいと思います。集まった署名については、2010 年のNPT再検討会議に向けて、平和市長会議会長である秋葉市長に託します。

 これまで生協の組合員、高校生、平和団体、個人グループなど、それぞれの場で署名に取り組み、CANT署名は50万筆集まりました。まだまだ世界に届けるには少ない数です。そこで、それらの団体や個人を実行委員会に結集して、CANT署名に取り組み、被爆地ヒロシマから市民の声を発信していきます。

 私たちは毎月20 日を“2020署名の日”とし、街頭に立ち、署名活動への協力、参加をアピールしていきます。多くの市民、学生のみなさんのご協力をよろしくお願いします。

核保有国と核弾頭数及び資料はこちら【PDF:209KB】


こどもたちの平和メッセージ「なかよしでだいすきなともだちと、いつもわらっていられますように。」 てしまさきちゃん(5歳)の平和を願う絵とメッセージです。(※2008 ピースアクションin ヒロシマこどもの平和の絵優秀作品)
2020ネットワーク  『あなたの署名(サイン)を国連へ!』2020ビジョン市民&学生ネットワーク
 
6月20日現在の構成団体・個人(あなたもネットワークに参加しませんか?)
広島女学院高校、広島平和ゼミナールの高校生、
生協ひろしま及び広島県生協連に所属する組合員など
事務局・問い合わせ:広島県生活協同組合連合会
電話:082-532-1300 FAX:082-232-8100 e-mail:kenren.h@proof.ocn.ne.jp
 
戻る
 
  〒730-0802 広島市中区本川町二丁目6番11号 第7ウエノヤビル5階 TEL.082-532-1300 FAX.082-232-8100