ホーム > 広島県連の活動
広島県連プロフィール
広島県連の活動
会員生協紹介
会員生協の活動
お知らせ・ご案内
リンク集
会報「広島のせいきょう」
家計簿通信
くらしの安心サイト
広島市「平和宣言」
2012年国際協同組合年
東日本大震災復興支援 つながろうCO・OPアクション
Acrobat Readerプラグインをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。↓
 
広島県連の活動

2009年度 市民平和行進結団式&ピースフォーラム
及び街頭署名活動報告


I. 日時: 2009年5月25日(月) 13:00 〜 15:30
II. 会場: 広島県立総合体育館 中会議室
III. 参加: 98名(5会員生協 79、地連・県外生協 8、他団体 5、県連6 )
マスコミ(RCC・中国新聞・朝日新聞)

IV.当日のプログラムと主な内容

1.市民平和行進広島県連絡会主催 『2009 市民平和行進結団式』 13:00〜13:45

(1)「2009市民平和行進について」 岡村専務より報告
(2)市民6団体からのひとこと
吉岡事務局長(被団協)・坪井理事長(被団協)・冨田会長(広島県生協連)
(3)2008市民平和行進の取り組み紹介    佃 県連組織委員(学校生協)
(4)朗読でつづる被爆の証言
河合よねさん(生協ひろしま虹のコーラス)が峠三吉の詩「墓標」を朗読

◆ 結団式の市民6団体のメッセージでは、核兵器廃絶の運動の最前線におられる被団協のお二人から、北朝鮮が核実験を行ったことに対する抗議をされ、核兵器廃絶の運動の現場の実態が伝わる緊迫感あふれるものになりました。冨田会長からは市民6団体が市民平和行進を取り組んだ経緯について報告があり、1979年に市民団体が中心になって統一実行委員会が結成されたことをきっかけに現在まで続く組織で、市民を結集するために大きな役割を果たしてきたこと、今結集が弱いなか、あらためて市民を結集するために頑張ると決意を述べました。

被団協 吉岡さん
被団協 吉岡さん

被団協 坪井さん
被団協 坪井さん

冨田会長
冨田会長

昨年の平和行進について報告する学校生協の佃さん 峠三吉の原爆詩「墓標」を朗読する河合さん

峠三吉の原爆詩「墓標」を朗読する河合さん会場はシーンと静まり返りました。

昨年の平和行進について報告する学校生協の佃さん

2.広島県生協連主催 『2009 ピースフォーラム』 13:45〜15:30

(1)「2009平和活動の全体像について(平和活動方針)」 岡村専務より報告
(2)各生協の取り組み報告
「折りづるナイターについて」   生協ひろしま理事 谷保清美さん
「職員が取り組む被爆体験聞き取り活動について」
   広島医療生協人事教育部 権藤 歩さん
(3)講演(14:25〜15:20)
テーマ「核兵器廃絶のためにいま市民に求められること〜NPT再検討会議準備委員会を終えて〜」
講師:スティーブン リーパーさん((財)広島平和文化センター理事長)
(4)平和の歌
生協ひろしま虹のコーラスが「いとし子よ」「ヒロシマのある国で」を披露

◆ 会員生協からの報告では、生協ひろしまの折りづるカープの取り組みによって広く市民にアピールされ、ボランティアが大活躍であったこと、また広島医療生協では職員教育として平和の活動が位置づけられ、その過程で職員の成長ぶりが報告され、会場の共感を呼びました。

◆ ピースフォーラムのメインのリーパー理事長の講演では、NPT再検討会議準備委員会の様子やその背景となる世界の情勢について、とてもわかりやすくお話され、大きなエネルギーをいただきました。

◆ 講演のなかで、今回の準備委員会はオバマ大統領の演説などアメリカの核兵器廃絶への積極的な姿勢を背景に、来年の再検討会議を成功させようという機運が高まっていること、一方、北朝鮮の核実験などきっかけに核を保有する動きがあるが、これは軍事産業を喜ばせるだけであること、また、イスラエルが核を保有しているために、イランが核を保有しようとしており、イランが核を持てばサウジアラビアが核を持つことは確実で、エジプトなど多くの中東諸国が核を持たざるをえない状況があり、切羽詰まった状態になっていて、エジプトはNPT再検討会議の成功に向けて積極的な動きをしているということでした。このように現在はNPT再検討会議が崩れれば、世界中に核兵器が拡散する可能性があると言われました。これらの核兵器廃絶にとってマイナスの要員をなくし、活動の先頭に立っている秋葉市長を励ますのは、みなさん草の根の市民の声であり、署名の取り組みであると言われました。

◆ 核兵器を廃絶するか、あるいは拡散させ破滅の道をたどるのか、今まさに緊迫した世界情勢を知り、いかに私たちが活動し市民に広げることが重要か認識できた講演でした。

◆ 最後に生協ひろしまの虹のコーラスの方に、今年の虹のひろば合唱団が歌う「いとし子よ」と「ヒロシマのある国で」を歌っていただきました。

「折りづるカープ」について報告する
生協ひろしまの谷保さん

職員の取り組みについて報告する
広島医療生協の権藤さん

講演するリーパー理事長

生協ひろしま虹のコーラスのみなさん

当日の会場の様子

3.CANT(都市を攻撃目標するなプロジェクト)署名、街頭行動

(1) 実施場所:メルパルク・そごう前、及びデオデオ本店前

(2) 日時:2009年5月25日(月)15:45〜16:15

(3) 参加者:3会員生協・地連・県連事務局・平和市長会議 約30名

(4) 署名数:181筆

◆ 最後に生協ひろしまの虹のコーラスの方に、今年の虹のひろば合唱団が歌う「いとし子よ」と「ヒロシマのある国で」を歌っていただきました。

 

戻る
 
  〒730-0802 広島市中区本川町二丁目6番11号 第7ウエノヤビル5階 TEL.082-532-1300 FAX.082-232-8100